ハイヤーの魅力、勤務希望している人へ

ハイヤーの魅力、勤務希望している人へ

ハイヤーの魅力、勤務希望している人へ ハイヤーの仕事は、VIPの相手が多いため、景気に左右されることが少なく安定した収入を得られやすい職種です。また、交通機関のドライバーは、激務なイメージもありますが、月に8日から9日程度の休みがあります。そして、ハイヤーを利用するお客さんは、企業の役員クラスのVIPが多いため、仕事時間も規則的で残業のような業務も少ないです。年齢制限や学歴も不問で求人していることが多いため、やる気のある転職希望の人には人気があります。

ハイヤー乗務員になるためには、当然ですが車の運転免許が必要です。そして、お客さんを乗せて賃金が発生する職種には、第二種運転免許の取得が絶対条件です。ただ、入社後に、第二種運転免許を取得することも可能であり、なかには会社が免許に必要な費用を全額負担してくれるところもあります。ハイヤーは、体が資本であり健康を維持することも仕事の1つです。そのような背景から、健康であることも条件に指定されてることがあり、会社の健康診断を受ける必要とされることがあります。もちろん、入社後も健康管理に努める必要があり、健康診断を受けるときは、補助が貰える制度を設けているところもありまます。

最近では、女性のハイヤー乗務員も増えており、女性ならではの気配りが反響を呼び、需要も増えています。そのため、育児休暇、産前産後休暇など女性が働きやすい環境を整えてるハイヤーの会社もあります。ただ、日中仕事を中心にして子育てと仕事を両立したい場合は、タクシー乗務員のほうが良いかもしれません。大手の会社でハイヤーの事業を行っているところはタクシー事業もほとんど行っており、タクシー乗務員かハイヤー乗務員か悩んだときは、会社に相談しましょう。

ハイヤーの乗務員に求められるのは、運転技術だけではありません。お客さんがVIPであることが多いため、接客技術や時間管理に対する要求も高いです。例えば、目的地に希望時間までに着かない、道に迷って時間をロスする、言葉使いが悪いなどは許されません。そのため、運転技術だけではなく、きめ細やかな心配りを心掛ける必要があります。また、経験が浅ければ、知らない道、時間帯での交通量の違いなどがわからないため、事前に目的地までの道、渋滞しそうな場所などを把握する事前準備も行いましょう。車の運転は誰もが慣れていますが、人を乗せて快適に走ることは別物です。

接客においても以前の経験が生かされるケースもありますが、言葉使いや所作など慣れないことも多いでしょう。そのため、ハイヤーに転職希望をもっていても大きな不安を感じる人は多いです。しかし、ハイヤー会社の多くは、教育制度も充実しています。入社をしたら、まずベテラン教官や接客および運転のプロに指導してもらえます。そこで、ハイヤー乗務員に必要な運転技術、お客さんに対しての言葉使い、対応の仕方などをしっかりと勉強できます。また、一流ホテルや空港などでの車の駐車場所、待ち合わせに多く使われる場所なども確認することができます。このようにハイヤー業務のノウハウをしっかり学ぶ教育制度も充実しているため、不安に感じる人でも安心できる環境が整っています。

以上のように全てをいちから学べるため、やる気さえあれば年齢や学歴に関係なく飛び込むことができることも、この業界の魅力です。高収入で家族を養うこともできるため、働き続けたい人にとってはハイヤー業界はとても良いです。しかし、細やかな配慮、臨機応変な対応も要求されるため、人間性を高める努力が必要です。そのため、ハイヤー乗務員に転職を考えている人のなかでも、ただ高収入を求めるだけではなく、人としても成長したいと考えてる人がとくに向いているでしょう。

お知らせ

  • [2019年11月05日]
    ホームページを更新しました。

  • [2019年11月05日]
    運営者情報を追加しました。